商品の紹介 江戸風鈴の作り方 製作体験 家族の紹介
ポッペン・びーどろの紹介 ポッペンの作り方 風鈴市.・ほおずき市 まるよしの紹介
江戸風鈴イヤリング 江戸風鈴について 皆様からの質問 注文の方法
”まるよし”のだるま風鈴 卓上型・台 場所アクセス メール
風水の六匹黒金魚) 干支・縁起 TOPページ イベント

暫くの間、体験時間の始まりを午後3時00分を最終といたします。ご了承ください。
江戸風鈴の製作体験
 
電話で予約をしてください。

〒110-0016 台東区台東4-25-10
篠原まるよし風鈴
TEL 03-3832-0227

こちらは、
篠原風鈴本舗と異なります。
ご確認をしてください。

絵付け体験は、私共が作った透明なガラスの風鈴に
内側から絵付けをして頂きます。

ガラス吹き体験は、ガラスを吹いて
そのガラスに内側から絵付けをして頂きます。

小学校低学年以下のお子様に
※絵付けの場合
  大変難しいです。 
内側から絵付けをする為、絵になりません。

絵付けの作業は、お手伝いしません。

御家族の方がお手伝いしてください。
(絵付けの説明は致します。)


ガラス吹きの場合
ガラスをふくらます作業はお手伝いいたします

唇と咥えた硝子竿の間から吹いた空気が
漏れてしまい硝子が吹きあがりません。
(咥えた竿は回転させながら吹いています。)
コップにお水を半分入れて
ストロでぶくぶくと空気を入れる練習をして頂くと
だいぶ助かります。その際、ストロを右回転しながら
吹くともっと良いです。
(長い息で唇に力を入れて吹く
練習を2〜3分。2〜3回)

修学旅行の下見などについて
営業時間外/休業日の下見には
対応できない事が多いです
御了承ください。

 @絵付け体験
私共が作った透明なガラスの風鈴の
内側から絵付けをする体験です。


(まるよしが作ったガラスの内側に絵を描いて
いただきます。)

予約が必要です。。
¥1,500(税込み)
※この料金でお持ち帰りが出来ます。
※絵を描くのにかかる時間 : 50分前後。(個人差があります)
※一年中体験できます。(営業日)
※場所 および 交通 ・営業時間にご注意ください。
朝の体験開始時間は10:30〜
最終の体験開始時間は時間は15:00〜
閉店時間18:00(又は、16:00)
に体験も終わらせて頂きます。
暫くの間、体験時間の始まりを午後3時00分を最終といたします。ご了承ください。

お願い:
暫くの間、製作体験の申し込みは
電話でのみ
受付いたします。

留守番電話に予約を入れる方、
受け付けていませんので
ご了承ください。


メール・FAXでは、受付いたしません。

また、つながらない事も多いですが
ご了承ください。

なお
休業日、営業時間外はご遠慮ください。
10:30〜18:00(営業時間)

TEL 03-3832-0227

体験される方にお願い。
5分ほど前にお越しください。
予約時間に遅れないようにしてください。



日付背景色営業時間
確認してください。
営業時間外は電話に出られません、
御了承ください。

   休業日
 11:00〜16:00
 10:30〜18:00
 11:00〜17:00
    臨時休業
   ← 10:30〜18:00 ガラス吹き体験できます     日曜は、11:00〜17:00
  水曜は、10:30〜16:00

営業日
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


 絵付け体験
   絵付け体験、ガラス吹き

ガラス吹き体験は、土、日になります。

日付背景色営業時間
確認してください。

営業日、営業時間外は電話に出られません、
御了承ください。

Aガラス吹きから絵付けまでの体験
        (自分が吹いたガラスの内側に絵付けをします。)
(ガラス吹き体験は、期間が限られます。)
2018年のガラス吹き体験の予定
 前半           

           7月29日まで。             
後半           
     9月15日〜12月23日まで


¥2,000(税込み)
※この料金でお持ち帰りが出来ます。

吹きガラスから
の場合、
吹きガラスとお知らせください。

その日にお持ち帰りができます。
ガラス吹きからの体験時間は、
80分〜前後ぐらい
人数が多い場合は、ガラスを吹く順番により
時間の掛かり具合が変わります。

朝の体験開始時間は10:30〜
最終の体験開始時間は時間は15:00〜
閉店時間18:00(又は、16:00)に体験も終わらせて頂きます。


作った方の「気」というものが作品に入ります。
「気」の入ったもので心地よく夏を過ごしてください。

一生懸命、また、楽しく作っていただくことを希望いたします。