My Fellini's Ranking
1  8 1/2
2
3 甘い生活
4 そして船は行く
5 カリビアの夜

Your Fellini's Ranking
投票募集中...
CLICK HEHR !

FEDERICO FELLINI FILM 鑑賞のアドバイス

 「映像の魔術師」と呼ばれる監督はたくさんいるが,この言葉はフェリーニにこそふさわしい.とにかく絵で語る監督であった.
 フェリーニの映像は,自由奔放,次元自在である.自分のこだわりをいかに映像を通して自由に表現するかを試行し続けた監督の一人であろう.初期には,良質なドラマをつくっていたが,次第にストーリーからも自由になっていった.後期には,熟成されたワインのようなまろやかな作品を世に送り出した.
 さて,フェリーニと言えば,まずストーリー性のある「道」「カビリアの夜」を観るべきだろう.もし,フェリーニの後期の作品ばかりを観ていたら,この監督はドラマをつくる力量のない監督なのかも知れないと思う人もいるかも知れない.しかし,これらの初期の作品を観ることで,完成度の高いドラマがつくれることに驚くことだろう.そんなことを考えると,フェリーニはピカソみたいな作家だと思うのです.映画の進歩に貢献した監督の一人なのでしょう.
 だから,ドラマティックな彼の作品を観たら,ストーリー性が希薄な作品にも触れていただきたい.「そして船は行く」や「フェリーニの道化師」みたいな作品なんか観てみてはいかがでしょう(ただ,私がフェリーニの作品を観ている数が少ないのでお薦めしにくいのですが).「フェリーニのローマ」や「サテリコン」なんかはかなりぶっ飛んでいるので,最初に観ない方がいいかも知れません.
 ストーリー性のある作品とストーリー性が希薄な作品の両方を味わった後は,いよいよ「81/2」を観ていただきたい.間違っても,これをフェリーニの初見作品にしないように.せっかくの作品が良さを十分に堪能できない可能性が高いですから.私のフェリーニ作品のベストは,この「81/2」です.私のフェリーニの作品のイメージは,軽やかに紙芝居を見せてくれる感じだが,この作品と「甘い生活」に限っては例外で,フェリーニ自身の汗や涙を感じるのです.そして,彼の他の作品よりも映像にパワーがある.また,同一画面に現在・過去,現実・幻想が共存するシーンは圧倒的で,これこそがフェリーニ作品のすばらしさだと思っている私にとっては,「8 1/2」は紛れもない傑作なのです.「甘い生活」は映像の自由奔放さにおいて,「8 1/2」を越えていないと思うのです.
 何ぶん,まだ未見な作品が多いフェリーニ作品ですので,私と一緒に彼の作品を堪能していきませんか.でも,ビデオレンタル屋に置いてない作品が多いんですよね・・・.


[TOP]  [FILMOGRAPHY]  [LINKS]  [BOOKS(english)]  [BOOKS(japanese)]