<常磐炭礦>

常磐炭礦は、北は福島県富岡町から南は茨城県日立市あたりに 広がる日本の四大炭礦の一つであった。
この櫓は、常磐炭礦125年の歴史を語る「いわき市石炭・化石館」の櫓である。



「いわき市石炭・化石館」展示してある長倉の炭塊です。
炭礦事務所の看板です。 西部炭礦は、常磐炭田最後の炭礦でした。 その他、模擬坑道、生活館などいろんな展示物があります。
こちらは、模擬坑道の採炭現場の自走枠です。
館の外には、坑道の入口に掲示する炭礦の 看板がおいてありました。
その横になぜか、また自走枠が置かれていました。
館の外に、坑道が。 昭和22年に昭和天皇が行幸され入坑された 六坑人車坑です。


ホームに戻る