<幌内炭礦>

幌内炭礦は札幌市の北の三笠市の山間にありました。 こちらは、道の駅「三笠」に展示してある北炭幌内炭礦 より採掘した石炭です。



音羽坑跡近くに三笠鉄道記念館があります。 北海道の鉄道発祥の地を記念する碑が立っています。
記念館の敷地内にある機関車と石炭貨車です。
炭礦の人車が記念館では有効活用されていました。
音羽坑跡の廃虚です。
山沿いにある斜坑(?)跡でしょうか。(音羽坑跡)
こちらも音羽坑跡ですが、立坑かなにかだと思いますが、 よくわかりません。
音羽坑近くにある唯一残るまともな建築物です。 選炭施設の跡と思います。
幌内立坑です。
道路から遠かったのと日暮れ時だったので、 うまく撮影できませんでしたが、「幌内」の文字と 「北海道炭礦汽船」の社章の☆がはっきり見えます。
三笠より少し奥に入った所にある住友奔別立坑です。
錦立坑です。こちらも北海道炭礦汽船の☆のマークが 付いています。他の立坑は高さ10m以上ありますが、 こちらの立坑は3〜4mで小さいです。
川沿いにある錦坑の坑口です。
幌内線幾春別駅跡近くの鉄橋です。 道路の上を跨ぐ所が安全のためか取り外されていました。


ホームに戻る