原音再生

録音技術が確立された1世紀近い昔から現在に続き、何時の時代でも語り継がれてきた大命題が原音の再生です。

そして何時の時代でも到達することが出来ない永遠のテーマではないでしょうか。

原音再生を目指して多くの先人がこの問題に取り組んできました。

幾度かの技術革新の度に原音再生は達成されたと宣言されてきました

この事は虹をつかむ話に似て辿り着いたと思うと求めるものはまだ先にあると気づかされることに他なりません。

私の原音再生追求の過程も年を重ね音楽に対する理解が深まるにつれ変化して来ました。

これからも生演奏の感激が心に刻まれることにより、原音再生と言う永遠のテーマの

回答に一歩でも近づくことが出来るようアンプビルダーの立場からソフイアザールサロン

の再生音に託した回答を皆様もご一緒にお聴きください。


オーダーメードでアンプを受注製作いたします


ソフィアザールサロンにて各種スピーカーシステムにてCD&レコードを試聴できます


お問い合わせはここから


真空管式プリアンプ

音楽再生の一番のポイントはアナログ(レコード)再生でもデジタル(CD)再生に
於いてもプリアンプがもっとも重要です。

音楽性の100%はこの部分で決まってしまうと行っても過言ではありません。

生演奏に例えるならば演奏家に当たる所です。
どんなに優秀な楽器(パワーアンプ&スピーカー)を与えられても演奏者の技術、
感性が優れていなくては音楽になりません、再生音楽の要です。



真空管パワーアンプ

パワーアンプについては一概にどのような回路形式、真空管の種類が優れている
かとの偏った認識は持っていません使用されるスピーカー、聴かれる音楽のジャ
ンルにおいてそれぞれ違った味わいや相性が存在します、一生の伴侶(スピーカー)
が決められた前提でパワーアンプを提案させていただきます、まずはソフィア・オ
ーディオラボのパワーアンプを様々なスピーカーシステムでお聴きください。


取り扱い真空管アンプ
300B、45、245,345、71A,171,371、2A3、VT52、6B4G、845,211,EL34(6CA7)等製作いたします



CDの再生においてプリアンプの役割が近年希薄なものになってきています。

残ねな事に単なる入力の切り替え機として使用されている方が多く見受けられます。

確かに多くのプリアンプはCDの時代に入り役割を終えていることは確かです。

ソフィアラボはCDの再生においてはプリアンプは必要と考えております。

CDプレーヤーからダイレクトにパワーアンプへ信号を送った時の鮮度の高い音に魅力

を感じて直結で鳴らされていることと思われますが、その再生音から演奏家の息遣いや

温度感といった演奏に一番大切なエナジーを感じ取ることが出来ません。

ソフィア・オーディオラボの提案するプリアンプ、パワーアンプをお聴き頂き演奏家の

音楽に託したメッセージをお聴きください。


お近くへお越しの接は、是非お寄より下さい


Top Page