葦五位          葦五位


外敵の防衞 忍者の如く


獲物の捕獲 名手の如し


智と技 兼備の珍鳥に問ふ


絶妙なる特技 何處より得たるかと












葦五位 よしごゐ  黄褐色、全長三十セン
チ餘の小形の鷺(さぎ)の仲間。五月から
九月までを日本で過ごす渡り鳥。北海道か
ら九州迄の全國の葦の中で暮し繁殖する。
この鳥には、二つの特技がある。

一つめは、忍者の特技。敵が近づけば、顎
(あご)を伸ばし、喙(くちばし)を直立
させ、じつと動かなくなる。敵からは、葦
と見分けがつかないように隱れ、葦になり
すますのだ。首の縱斑が、葦の葉にまぎれ
て、姿を隱すのに役立つている。

二つめは、狩の技。普段は折り疊んでいる
首を、一瞬にして、數倍に伸ばして、獲物
の魚や蛙等を捕える。葦五位は、これらの
特技を利用して、葦原の中で子育てをする。

戻る 進む TOP