淀屋の屋敷跡          淀屋の屋敷跡


豪商淀屋 お上に取り潰され


屋敷跡 今 草 蕭々たり 


眼前の淀屋橋 旁牛なれども


行人 昔の夢跡を 知るや否や

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                         大阪市中央區北濱

大阪市の中心地・中之島を通つて御堂筋
に連なる土佐堀川に架かる橋を淀屋橋と
いう。この橋の直ぐ南詰西側に「淀屋の
屋敷跡」の碑がある。淀屋橋というのは、
江戸初期に、この橋のたもとに屋敷を構
えた豪商「淀屋」が堂島米市場への利便
のために架けたのが始りで、その名がつ
けられたものである。「淀屋」は、この
邊りに廣さ百間四方、一萬坪を有する廣
大な邸宅を構えていたという。しかし、
一七〇五年(寶永二)、三郎右衞門のと
き、「町人の身分に過ぎたるぜいたくを
した」という口實で、幕府によって取り
潰されてしまった。

徳川御用商人としての「淀屋」は、その
特權による利益を享受して成長したが、
幕府や大名に多額の貸付をしていたこと
もあり、それが、やがて、お上にとって
不都合な存在とみられるようになると、
容赦なく消されたのである。御用商人で
あるがゆえに成長し、御用商人であるが
ゆえに潰されたのである。

今、淀屋橋をはじめ中之島の開發に盡力
した、「淀屋」の榮華と沒落の歴史を知
る人は、どれだけいるだろうか。

お上 おかみ  ここでは徳川幕府を指す

潰され つぶされ

蕭々 せうせう  ものさびしいさま

旁牛 ばうご  往來のはげしいこと

行人 かうじん  道を歩いて行く人

                                                                                                       


                                           

戻る 進む TOP