石蕗


鮮色の黄花 路傍に 開き


光澤の緑葉 繁茂して 群がる


麗花 凜然として 澄天に輝き


行人に微笑む 乙女の 如く
















石蕗 つわぶき  海沿いの草原や崖、林の
縁、庭先や神社仏閣等に見られる常緑の多
年草。葉は革質でつやがあり、丸くて直径二
十センチ前後。

 花は、十月に、株の中心から出て、先端に
十~三十輪ほどのキクに似た、花径三センチ
前後の黄色い花を咲かせる。


繁茂 はんも  草木が盛んに生い茂ること


凛然 りんぜん いさましく、りりしいさま。


澄天 ちようてん  秋の空


行人 かうじん  道を行く人

戻る 進む TOP