十和田湖          十和田湖


白雲 亭々として 青山を覆ひ


湖水 滄々として 碧空を映す


近接して 澄水を暫し 諦視すれば


忽ち覺ゆ 明鏡止水 是なりかと










十和田湖 とわだこ  青森・秋田の縣境にあ
るカルデラ湖。奧入瀬川の源流。周圍四四q、
水深四七m。

白雲 はくうん

亭々 ていてい  雲などの遠く浮かぶさま

青山 せいざん

覆ひ おほひ

滄々 さうさう  水の青々としたさま

碧空 へきくう  青空

近接 きんせつ  近づくこと

諦視 ていし  じっと見ること

忽ち たちまち

明鏡止水 めいきやうしすい  明鏡は一點の
曇のないさま、止水は止まつて靜かにたたえ
ている水のこと。通常は、邪念がなく、澄み
切つて落ち着いた心の形容に使う。

戻る 進む TOP