遠山郷          遠山郷


深山幽谷の傾崖に 擴がるは


家屋 耕地の相集ふ里なり


今日 天空の仙郷と 讃さるれども


昔日 邊境の開拓に 苦しみたるや












遠山郷 とおやまがう  長野縣の南端近く、
天龍川の支流に沿って廣がる山深い谷間の
地域。日本の祕境百選の一つ。地域にある
「下栗の里」集落は、遠山川右岸、標高千
メートル前後の斜面にあり、日本のチロル
とも言わている。

傾崖 けいがい  傾いたがけ

今日 こんじつ  いま

昔日 せきじつ  むかし

仙郷 せんきやう 俗界を離れた清らかな所

讚す さんす  たたえる

戻る 進む TOP