寺田屋           寺田屋



倒幕強行を巡つて 相爭ひ


激派無殘 忽ち 肅清せられたり


活劇の舞臺を 今瞠視すれば


鮮やかに蘇るは 幕末血戰の姿

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                         
寺田屋  (京都市伏見區南濱町)

寺田屋は、江戸時代、大坂と京都間の通
船の京側の發着地の一つ南濱に、「寺田
屋濱」という船着場を持つ船宿であった。
ここ寺田屋は「寺田屋事件」で有名であ
る。次の二事件である。

その一 薩摩藩急進派に對する肅清事件
文久二年(一八六二)四月二十三日夜明
けを期して、倒幕の擧兵を決行しようと
した薩摩藩急進派の有馬新七ら三〇餘名
が寺田屋に集結した。これを知つた薩摩
藩主父島津久光は、自重を勸告したが、
彼らは聞き入れず、そのために、斬りあ
いとなり、急進派九名の志士が犧牲にな
った事件である。上の詩は、本事件を題
材にした。

その二 幕府捕吏による坂本龍馬襲撃事件
事件後坂本龍馬がここを隱れ家としてい
たが、慶應二年(一八六六)一月二十三
日、幕吏の襲撃を受けた。しかし、女將
お登勢と娘のお龍の機轉で負傷しながら
も脱出に成功、薩摩藩に保護された。


江戸時代の寺田屋は、「鳥羽伏見の戰い」
で消失し、現存の寺田屋は、明治後期に
再建されたものである。
しかし、事件當時の生々しいありさまを
彷彿させるように、建物等はリアルに復
元されている。
また、建物の隣には、「薩摩九烈士碑」
がある。

激派 げきは  ここでは、薩摩藩急進派を
            指す

肅清 しゆくせい  反對者等を嚴しく取り
               締まること。ここでは、
               上意討を指す。


瞠視 だうし  目をこらして見ること

蘇る よみがへる  生き返ること

                                                                                                       


                                           

戻る 進む TOP