瀧櫻          瀧櫻


三春の枝垂れ 碧空を覆ひ


紅花萬片 虹泉の如し


烈震非情 生命を脅せども


老櫻絢爛 艷麗を放てり
















瀧櫻 たきざくら  福島縣田村郡三春町
にある櫻。「三春の瀧櫻」、または、單
に「瀧櫻」と呼ばれている。樹高は十二
メートル、幹周りは十一メートル、樹齡
は、千年以上のベニシダレザクラ(紅枝
垂れ櫻)の古木。日本三大巨櫻「三春の
瀧櫻、薄墨櫻(岐阜縣本巣市)、神代櫻
(山梨縣北杜市)」の一つ。毎年、多く
の觀光客が訪れている。

二〇一一年(平成二三)三月に起きた東
日本大震災では、幸い、直接の被害は無
く、四月十五日に開花を確認、四月二十
二日に滿開、四月末に落花に至つている。

碧空 へきくう  青空

紅花萬片 こうくわ ばんぺん  無數の
                     紅い花片

虹泉 かうせん  瀧の美稱

烈震 れつしん  家屋を倒し山岳を崩壞す
    る程の烈しい地震。ここでは、東日
                  本大震災を指す。

生命 いのち

老櫻 らうあう

絢爛 けんらん  きらびやかに咲いて美し
              いこと

艷麗 えんれい  あでやかで美しいこと

戻る 進む TOP