忠度腕塚           忠度腕塚



戰ひに臨んで 己が歌を師恩に託し


散つて猶 花の歌 携へたる武人


今 塚を仰視して 遙かなる人に傳ふ


風雅に挺身切なるに 心打たるると

                                           








                                   
           忠度腕塚  (神戸市長田區駒ヶ林)

ここは、忠度(ただのり)が討死にする際
切り落とされた腕が埋められていると傳え
られる。平忠度は清盛の末弟。平家の都落
ちに從い、一の谷の戰いで討死。歌人とし
ても知られ、藤原俊成に師事し、都落ちに
際して歌を師に托し、敕撰集への入集を依
頼した。のち、これらの歌のうち、一首が
「千載集」に「讀み人知らず」として入れ
られた。次の「さざ波・・・」の歌である。
あとの歌は、討死にした際、その箙(えび
ら  脊に負う矢の容器 )に結ばれていた
紙片に、詠われていたものである。

  さざ波や志賀の都はあれにしを
     昔ながらの山ざくらかな

  行き暮れて木の下かげを宿とせば
     花やこよひのあるじならまし

臨 のぞ

己 おの

師恩 しおん  師匠の恩

猶 なほ

仰視 ぎやうし  あおぎみること

風雅 ふうが  詩歌・文章の道。風流。

挺身 ていしん  自分の身を投げ出して
            物事をすること

                                                             


戻る 進む TOP