彰義隊墓所          彰義隊墓所



彰義隊 官軍に抗戰すれども


三千餘 潰滅せらる 瞬忽にして 


墓所 西郷像の背に隱るるに


行客 幾人知るや 戰ひの證を

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                         東京都臺東區上野公園  

彰義隊とは、戊辰戰爭時の上野戰爭で、
新政府軍と戰った舊幕臣隊。徳川慶喜
(とくがわよしのぶ)の護衞と江戸市
中の警衞を名目に結成され、隊員は三
千人にのぼった。江戸開城後もしばし
ば新政府軍と衝突、慶喜の水戸退去後
も、上野寛永寺にこもって抵抗した。
權威の失墜を恐れた新政府は、明治元
年(一八六八)五月一五日、大村益次
郎の指揮で、一齊攻撃を行い、隊は一
日で潰滅した。ここは、この戰爭で戰
死した隊士の墓所である。

彰義隊 しやうぎたい

潰滅 くわいめつ  

瞬忽 しゆんこつ  たちまち

行客 かうかく 道を行く人

                                                                                                       


                                           

藝術倶樂部跡 進む TOP