初夏の森          初夏の森



緑葉  旭光を受けて  透き通り


薫風  飄々として  碧葉を翻す


夏鳥  高吟して  美聲を轟かせば


天惠に沒我して  俗心を忘る










旭光 きよくくわう  朝日 

飄々 へうへう  風に吹かれてひるがえ
                   るさま

碧葉 へきえふ  青葉

翻 ひるがへ

高吟 かうぎん  聲高く吟ずること

戻る 進む TOP