白馬三山          白馬三山


殘雪の三山 蒼天に 聳え


倒影の麗姿 池水に 映れり


彼方の連峰を 暫し 仰望すれば


積年 縱走の念 高揚するばかり











白馬三山 しろうまさんざん  北アルプス
の北部、長野・富山・新潟の三懸にまたが
る三つの山(白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳)
の總稱。主峰の白馬岳の標高は二九三二メ
ートル。

蒼天 さうてん  青空

倒影 たうえい  逆さ影

池水 ちすい  ここでは、八方池を指す。

仰望 ぎやうばう  仰ぎ望むこと

積年 せきねん  多年

縱走 じゆうそう  尾根傳いに山を歩き、多く
                の山頂を踏むこと。

高揚 かうやう  精神・氣分などが高まること

戻る 進む TOP