尻別川


白雪の秀峰 碧天に 煌めき


山麓の清川 淡々として 流る


北国の幽境 将に是かと眺むれば


幻想に陶然として 寒気 忘る










尻別川 しりべつかは  北海道の南西部、
標高一千メートルを越える山々に端を發し、
蝦夷富士と稱される羊蹄山麓を流れ、日本
海に注ぐ、長さ一二六キロメートルの大河。

白雪 はくせつ

碧天 へきてん 青空

幽境 いうきやう 浮き世離れした物靜かな所

煌めき きらめき

陶然 たうぜん 氣持よく醉いうつとりとする
                さま

戻る 進む TOP