千家一門の墓          千家一門の墓



利休 佗茶の道を大成すれども


自刃す 太閤の逆鱗に觸れて 


千家隆盛の今日を觀れば


唯覺ゆ 茶の心 武の力を制すと

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                         南宗寺境内  (大阪府堺市南旅籠町東)

利休 りきう  千利休のこと。安土桃山
時代の茶人。堺の人。武野紹鴎(たけの
じょうおう)に學び、佗茶を完成。信長
・秀吉に仕へ寵愛を受けたが、秀吉の怒
りに觸れ、天正十九年(一五九一)二月
二十八日に自刃した。

佗茶 わびちや  茶の湯の一つで、簡素
     靜寂の境地を重んじる。

太閤の逆鱗 たいかふのげきりん

太閤とは、ここでは豐臣秀吉を指す。
秀吉逆鱗の理由は、利休が寄進した大徳
寺の山門金毛閣(きんもうかく)に、利
休自身の木像を安置させたことだという。
勅使や秀吉がその下をくぐることもある
ので、不敬にあたるふるまいとされたの
である。しかし、ほかに、秀吉政權内部
の權力爭いに捲き込まれたという説等も
あり、定説はない。次は辭世である。

 堤(ひつさぐ)る 
  わが得具足(えぐそく)の一つ太刀
    今この時ぞ天に抛(なげう)つ

千家 せんけ  千利休を祖とする茶家の
            一族。

今日 こんにち

                                                                                                       


                                           

戻る 進む TOP