晩秋の尾瀬          晩秋の尾瀬



據水林 落葉して 風渡り


濕原 滿目 狐色に變ず


木道 人絶え 唯獨り歩めども


曠野に寂寞なく 心快然たり










尾瀬 おぜ  群馬・福島・新潟の三縣にま
たがる高層濕地植物の群生地帶。尾瀬沼・
尾瀬ヶ原等と周邊の山地からなる景勝地。

據水林 きよすいりん 川の兩岸にあるダ
ケカンバやブナ等の闊葉樹を主體にした
樹林のこと。 
                

滿目 まんもく  見渡す限り

木道 もくどう  濕原や濕地の上に架けら
れている木製の道。

戻る 進む TOP