大鷲         大鷲


流氷と 南下すること 幾萬里


猛禽 氷上に屹として 睥睨せり


眼光 炯炯として 人射るが如きに


忽ち願ふ 彼の鳥 近接せざる事を










大鷲 おほわし  大形で、成鳥は肩・尾羽・
腿が白色、他は黒褐色、くちばしは黄色い。
カムチャッカ・樺太等で繁殖し、冬期北海
道等に渡來。知床半島では特に多い。羽を
廣げると二メートルを越え、國の天然記念
物に指定されている。

猛禽 まうきん  性質が荒い肉食の鳥

屹 きつ  高く動かずにたつさま

睥睨 へいげい  あたりをにらみつけて勢い
             を示すこと

眼光炯炯 がんくわうけいけい  眼の光が、
                   鋭く光り輝くさま。

近接 きんせつ  近づくこと

戻る 進む TOP