大杉谷


瀑聲 瀧々として 森間に谺し


澄淵 深々として 幽谷に湛ふ


白布 碧水を瞠目して 眺むれば


嶮路 踏破の苦 暫し忘る

















大杉谷 おおすぎだに  三重県中西部、
宮川の上流にある谷。


瀑聲 ばくせい  瀧の音


瀧々 ろうろう  瀧水の流れるさま


谺す こだます  


澄淵 ちょうゑん  清らかな淵


深々 しんしん  奧深く靜寂なさま


幽谷 いうこく  深い所にある靜かな谷


湛ふ たたふ  水などを一杯に滿たす


白布 はくふ  瀧水の白い色の形容


瞠目 だうもく  目をみはること


嶮路  けんろ  けわしい路


踏破 たふは   困難な道などを歩きぬくこと


暫し しばし

戻る 進む TOP