大江山の雲海


雲海 山間に洋々として 擴がり


連山 雲上に幽々として 浮かぶ


曉明に出で 陽光に消ゆる 命かと


唯偏に 瞠視す 泡沫の波














大江山 おほえやま  京都府北西部、丹後
地方にある山。頂上は千丈ヶ岳といい、酒呑
童子が住んだという窟がある。源頼光の鬼
退治の傳説が有名。ここは、雲海の名所と
しても知られている。


洋々 やうやう  廣大なさま


幽々 いういう  暗いさま


曉明 げうめい   あけがた


瞠視 だうし  目を見張つてみること


泡沫 はうまつ あわ

戻る 進む TOP