オホーツク海



白日 觀光の感聲に 賑へども


落日 靜寂の氷海には 波もなし


水天一色 紅に染むるを 觀れば


天帝の彩色に 唯 恍然とするばかり










オホーツク海  太平洋北西部・シベリア・
カムチャッカ半島・サハリン・千島列島・
及び北海道に圍まれた海。毎年一月中旬
頃、シベリア方面から海流にのって南下
した流氷がオホーツク海に現れる。この
景觀をみる觀光用砕氷船の運航が人氣。

白日 はくじつ  日中

感聲 かんせい  感嘆して發する聲

賑ふ にぎはふ

落日 らくじつ  日沒

靜寂 せいじやく

水天一色 すいてんいつしょく  水(海水)
         と空とが一つの色になるさま。

紅 くれなゐ

天帝 てんてい  天にあって宇宙を主宰す
             る神

彩色 さいしよく  色どり

恍然 くわうぜん  うっとりとしたさま

戻る 進む TOP