「千年の古都のいやらしさ」とは(これ)如何(いか)~「京都ずき」が『京都ぎらい』を読む~

                     『京都ぎらい』  井上章一   國際日本文化研究センター教授    朝日新書  

          はじめに

    ■ 「千年の古都のいやらしさ」とは、こういうことか(抜粋)

 ◆ 洛外を生きる

 ◆ お坊さんと舞子さん


     佛教のある側面

         「洛中人」と「お坊さん」について・・・思うこと

  ◆ 洛中人について

  ◆ お坊さんについて

   「ぼんさん!もっと、遊びなはれ。舞子はんに、花のかんざし、買うてあげたらどうどすえ」と。

     あとがき

  「美登利さん!おおきに!」

                                                                                                                                                                  以上

戻る 進む TOP