三室戸寺の石楠花    三室戸寺の石楠花


堂搭一宇 碧山に聳え


紅花千本 蒼林に開けり


一木萬花 艷を竸ふを 見れば


忽ち疑ふ 淨土の花園 斯なりかと










三室戸寺 みむろとじ  京都府宇治市にあ
る天台宗系單立寺院。西國三十三所第十番
の札所。五千坪の大庭園には、五月のツツ
ジ(二萬株)・シャクナゲ(一千本)・六
月のアジサイ(一萬株)・七月のハス・秋
の紅葉等で廣く知られている。

石楠花 しやくなげ  

堂塔 だうたふ  寺の堂や搭

一宇 いちう  一棟の堂

碧山 へきざん  樹木があおあおと茂つた山

蒼林 さうりん  あおあおとした林

聳え そびえ

萬花 ばんくわ  多くの花

斯 ここ

戻る 進む TOP