將門塚          將門塚



將門 猛勢 東國を制すれども


忽ち討たれ 新皇の夢 霧散したり 


知らず 實像 英雄か 逆賊か


唯知る 將門の祟り 今も恐らるるを

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                              將門塚  (東京都千代田區大手町)

ここは、平將門(たいらのまさかど)の首塚
である。平將門は、平安中期の武將。下總
・常陸で叛亂を起し、關東を制霸し新皇
(しんのう)と稱した。しかし、天慶(てん
ぎょう)三年(九四〇)、一族の平貞盛(さ
だもり)らに討たれた。いわゆる、天慶の
亂である。將門の首塚は、爾來この地にあ
ったと傳えられている。

將門は、一千年以上前の武將である。そ
の首塚が、今も、東京のどまん中、皇居
の側、しかも近代的なビルに取り圍まれ
て、大切に祀られているのは、なぜだろ
うか。それは、古代から今日に至る迄、
將門の塚を粗略にしたり、取り壞したり
した時は、疫病や人の死に至る等の事故
が續發し、これらの災厄が、將門の祟り
と恐れられ、從つて、その祟りを鎭め、
靈を慰めるためである。

將門 まさかど  平將門

猛勢 まうせい  烈しい勢い

東國 とうごく 今の關東を指す

新皇 しんのう  平將門が東國を制した
        時の自稱

祟り たたり



                                                                                                       


                                           

戻る 進む TOP