雲ノ平


黄花 天涯の臺地に 擴がり


槍穗 白雲の彼方に 聳ゆ


庭園の麗花を 陶然と 眺むれば


山巓への登攀 暫し 忘却せり















雲ノ平 くもノたいら  富山県南東端、
富山市にある高山台地。周囲は北アル
プスの中央部の黒部五郎岳、三俣蓮華
岳、鷲羽岳などに囲まれ、黒部川源流
とその支流岩苔小谷に挟まれた標高二
五〇〇メートル前後の台地。

 数多い池塘、天然の岩石の配置による
庭園と稱せられるものが至る所に形成
されている。高山植物の寶庫でもある。


黄花 くわうか  黄色い花。ここでは、チン
                 グルマを指す。


天涯 てんがい  空のはて


槍穗 やりほ  槍ヶ岳と穗高連峰を指す


陶然 たうぜん  氣持ちよく醉つてうっと
                 りとするさま


山巓 さんてん  山頂


暫し しばし  少しの間


 

戻る 進む TOP