蟋蟀よ
          蟋蟀よ



蟲聲  戚々として 夜の叢に響くに


我が心 愁々として 寂寥を覺ゆ


蟋蟀よ 何故に 哀鳴 切なりや


生即悲哀は 人世も同じなるぞ










蟋蟀 こほろぎ

蟲聲 ちゆうせい  

戚々 せきせき  憂えかなしむさま

叢 くさむら

愁々 しうしう  もの寂しく愁えるさま

寂寥 せきれう  もの寂しいさま

何故に なんのゆゑに

哀鳴 あいめい  かなしくて鳴くこと

人世 じんせい  人の世の中

戻る 進む TOP