岩爪草よ          岩爪草よ


熔岩 礫地に 凜として 群生し


焦熱に抗して 咲ける 純白の花よ


生存峻拒の 荒地に 曝されながらも


強靱にして 猶も 清麗なるは 何故か










岩爪草 いはつめくさ  本州中部以北のハ
イマツ帶以上に分布し、砂礫地、岩礫地に
生える。花期は七〜九月、花色は白色。
花びらは五枚。

礫地 れきち  小石の土地

凜 りん  きりりとしたさま

焦熱 せうねつ  こげるようなあつさ

生存峻拒 せいぞんしゆんきよ  生きなが
らえることが、嚴しく拒まれること。
 

曝され さらされ

強靱 きやうじん  しなやかで強いこと

清麗 せいれい  清く美しいこと

戻る 進む TOP