片月          片月



寒朝  森林の雪道を行く


旭日  燦然として  白銀を照らし


片月  蕭然として  碧空に霞む


孤高  沈潛  唯凝視するのみ










片月 へんげつ  かたわれづき

寒朝 かんてう

雪道 ゆきみち

旭日 きよくじつ  朝日

白銀 はくぎん

蕭然 せうぜん  ものさびしいさま

沈潛 ちんせん  沈着で思慮深いこと

戻る 進む TOP