平家一門之墓          平家一門之墓



赤間神宮に 千客 滿つれども


境内平家の墓に 人影なし 


墓域 寂寞として 靈気漂ふに


忽ち怖る 一門の怨靈 今もかと

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                         赤間神宮境内  (山口縣下關市阿彌陀寺町)

赤間神宮 あかまじんぐう

平安末期の一一八五年(文治元)、壇之
浦で平氏が滅亡し、安徳天皇が入水した
歴史を囘顧することができる神社で、境
内西側に安徳天皇陵がある。赤間神宮で
は、毎年五月三日から三日間、「關の先
帝祭」が催され、澤山の遠近の人々でに
ぎわう。

平家一門の墓 へいけいちもんのはか

赤間神宮境内の寶物館の裏に、壇之浦の
戰いで滅んだ平家一門の墓がある。七盛
塚と呼ばれ、平家一門の武將の有盛(あ
りもり)・清經(きよつね)・資盛(す
けもり)・教經(のりつね)・經盛(つ
ねもり)・知盛(とももり)・教盛(の
りもり)の名が墓石に刻銘されている。
その傍には、小泉八雲の書いた怪談「耳
無し芳一」の芳一を祀る「芳一堂」があ
る。この墓域に佇むと、芳一物語の平家
怨靈の場面が、目前の平家の墓と二重寫
しになり、冷やかな靈気を感じるのは、
私だけだろうか。

千客 せんかく  多くの參拜客や觀光客
              を指す。

人影 じんえい  ひとかげ

寂寞 せきばく  ものさびしいさま

怨靈 おんりやう  恨みを抱いてたたりをす
               る死靈や生靈                                                                                                       


                                           

戻る 進む TOP