春の池          春の池



池面の明鏡 新緑を映し


池魚 廻遊して 清漣を起す


鳥吟 咬々として 林間に轟けば


林泉の幽邃に 靜安を覺えたり











廻遊 くわいいう  あちこちを巡り遊ぶ
               こと

清漣 せいれん  清らかなさざなみ 

鳥吟 てうぎん  鳥のうた聲

咬々 かうかう  鳥のさえずるさま

幽邃 いうすい  景色が靜かで奧深いこと

戻る 進む TOP