蛤御門          蛤御門


御門の砲撃 幕末搖さぶり


倒幕維新への 導火線となりぬ


今猶 門扉に殘る 彈痕を


御苑の行客 幾人知るや











京都市上京區 京都御苑  

元治元年(一八六四)七月、京都で起つた長州藩
の出兵による兵亂、いわゆる「蛤御門の變」また
は、「禁門の變」の舞臺となった所である。八月
一八日の政變(一八六三)で京都を追放された長
州藩は、勢力恢復のため尊攘派七卿の赦免等を願
つたが許されず、また、六月五日池田屋事件が起
つたことから出兵、入京して、薩摩・會津・桑名
の藩兵とここ蛤御門附近で交戰したが敗北した。
この激戰での彈痕が、今も門に殘つている。この
變で、京都市中、大火災となり、獄中の志士の多
くが殺された。また、長州征討の發端になった。

蛤御門 はまぐりごもん 京都御所外郭西側の門

門扉 もんぴ

彈痕 だんこん 彈の當つたあと

行客 かうかく  旅人

戻る 進む TOP