五十雀


此雀 樹幹を縱横に 駈け


頭を垂れ 下り得る 無二の鳥なり


貯食の習性 復 有りと知れば


覺ゆるは 將に 多藝多才の主なりと










五十雀 ごじふから  北海道~九州にすむ
留鳥。大きさはすずめほど。ブナやミズナラ
などの落葉廣葉樹林に多い。

 樹の幹の表面を自在に歩き囘る。幹を下
りる際は、一直線に降りるのではなく、餌を
探しながら、螺旋を描くように下つてくる。
こんなことができる鳥はこの鳥以外にはい
ないそうだ。

 この鳥は、樹上を巧みに走りながら、隱れ
ている蟲を食べる。蟲が少なくなる時期には
種子類も食べる。

 食べ物を見つけ難くなる嚴冬期に備えて、拾
つた種子を樹の割れ目や樹皮のあいだに押込
んで「貯食」もする。このように、五十雀は、器
用なうえ、智慧も廻る多藝多才の鳥なのだ。

駈ける かける

頭 かしら

復 また

戻る 進む TOP