月山にて          月山にて


荒寥たる 三途の河畔を 過れば


神聖なる 天界の山巓に至れり


天涯より 彼方の碧海を 眺むれば


忽ち失せたり 我が俗心と垢心










月山 ぐわつさん  山形縣中部にある楯状
火山。標高一九八四メートル。頂上に月山
神社の社殿がある。湯殿山・羽黒山と共に、
出羽三山の一。

荒寥 くわうれう  景色などの荒れてものさ
     びしいこと

三途の河畔 さんづのかはん
人が死んで7日目に渡るという冥土、その途
中にある河のほとりを言う。ここでは、頂上
近くにある「賽の河原」のほとりを指す。

過る よぎる  渡る

天界 てんかい  天上の世界

山巓 さんてん  山頂

彼方の碧海 かなたのへきかい
      山頂から見える碧い日本海を指す。

垢心 こうしん  けがれた心

戻る 進む TOP