富士遠望          富士遠望



天涯の山頂に 這々として登れば


岩搭 屹立して 彫刻の如し


麗峰 彫像の彼方に聳ゆるに


茫然自失して 唯 凝望するばかり










這々 はふはふ  這うようにして

屹立 きつりつ  高くそびえ立つこと

麗峰 れいほう  富士を指す

茫然自失 ばうぜんじしつ  
             あっけにとられて、
        我を忘れてしまうさま。

凝望 ぎやうばう  眼をこらしてみること

戻る 進む TOP