蝦夷小飛鼠


闇夜 樹に留る 腕眼の主は


聞く 樹間滑空の 名手と


可憐なる瞳 飛翔の妙を 思へば


忽ち覺ゆ 天 二物を與へ賜へりと












蝦夷小飛鼠 えぞももんが  夜行性のリス
で、北海道のみに分布する。一生のほとんど
を樹上で過ごす。目が大きく、皮膜を持ち、
足の間の膜を廣げて、木から木へと、二十メ
メートルから百メートルも滑空する。

腕眼 わんがん  大きな眼

戻る 進む TOP