醍醐寺の櫻        醍醐寺の櫻



枝垂  嫋々として  楊柳の如く


萬花 繚亂 萬目を奪ふ


絢爛  秀吉の榮華を偲ばせ


今日  英雄の餘光に休らふ












醍醐寺 だいごじ

 京都市伏見区にある真言宗
 醍醐寺派の總本山

枝垂 しだれ  

嫋嫋 でうでう  なよなよとしたさま

楊柳 やうりう  

萬花 ばんくわ  たくさんの花

萬目 ばんもく  たくさんの人の目

絢爛 けんらん

秀吉の榮華 えいぐわ 

 慶長三年(一五九八)に、秀吉が催
 した、いわゆる「醍醐の花見」に際
 して、秀吉は吉野山から約七百本も
 の櫻を移植した。その、世に時めく
 榮華を指す。

今日 こんじつ 

餘光 よくわう  おかげ


戻る 進む TOP