芭蕉終焉の地          芭蕉終焉の地


俳聖 旅に病んで 此の地に臥し


閉ぢたり 異端孤高の生涯


今 駈け廻る 夢の枯野を偲べども


唯 界隈には 車の往来を見るばかり

                                                                          







                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                                                           芭蕉終焉の地(大阪市中央區久太郎町)

松尾芭蕉は、元祿七年(一六九四)五月、
江戸を立つて、伊賀から大坂へと向かっ
たが、九月、大坂に滯在中病氣になり、
十月十二日、南御堂で花を商う花屋仁左
衞門の屋敷があったこの附近で、五十一
歳の生涯を閉じた。生前の十月八日に、
よまれた次の句が、在世中最後の句とな
った。

  旅に病んで 夢は枯野を 
          かけ廻(めぐ)る

芭蕉臨終と彼の門弟達をめぐる樣子は、
芥川龍之介の「枯野抄」に描かれている。
次の文は、この作品の終りの描寫である。

  かうして、古今に倫を絶した俳諧の大
   宗匠、芭蕉庵松尾桃青は、「悲嘆かぎ
  りなき」門弟たちに圍まれた儘、溘然
 (かふぜん)として屬\(しよくくわう)
  に就いたのである。


俳聖 はいせい 松尾芭蕉を指す

臥し ふし  病氣で床につくこと

駈け廻る夢の枯野  かけめぐる
                   ゆめのかれの
    芭蕉最後の句にちなむ
           寂寞の心象風景を指す

界隈 かいわい  あたり一帯

          
        


                                                                                                       


                                           

戻る 進む TOP