安樂寺の紅葉


丹葉 茅葺きの山門を 覆ひ


積葉 陵阪の參道を 染む


紅錦の鮮色を 陶然として 眺むれば


覺ゆるは 是將に 淨土への至道かと
















安樂寺 あんらくじ  京都市左京區にある
淨土宗の寺。通稱「松蟲鈴蟲寺」ともいわれ
る。春は、境内のツツジ、秋は石段の參道を
埋めつくす紅葉で名高い。

紅葉 こうえふ

丹葉 たんえふ 紅葉

積葉 せきえふ  ここでは、散り紅葉を指す。

陵阪 りようはん  坂

紅錦 こうきん  紅葉の錦

陶然 たうぜん  うっとりとするさま

是 ここ

將に まさに


至道 しだう  この上もない道

戻る 進む TOP