秋の韻          秋の韻



鳥聲 啾々として 秋の森に谺すは


紅葉の鮮麗 讚美したる聲か


落葉の無常 愁歎したるか 知らず


ただ知る 積葉踏む音に秋の韻を










韻  ひびき  音の響き

鳥聲 てうせい  鳥の鳴き聲

啾々 しゆうしゆう  鳥の鳴き聲のさま

谺   こだま               

鮮麗 せんれい  鮮やかで麗しいこと

落葉 らくえふ

愁歎 しうたん  嘆き悲しむこと

積葉 せきえふ  重なつている葉

戻る 進む TOP