四季のお便り マイブーム
2016年 AUTUMN (秋)

約2ヶ月ずっと週末は雨模様です。「お出かけできないな!」10月中旬の土日は久しぶりの 秋晴れ=快晴 で各地で秋祭りが行われたようですね。行楽地も大渋滞が起きたようです。

秋は紅葉めぐり
高原から山里へ

秋の紅葉

暑い夏が終わり、朝夕が涼しくなると自然と心が山(信州)へ向かいます。平野より先に訪れる秋 急激な気温の変化が山肌の色合いを微妙に変えていく季節 晴れた日のドライブは最高です。
スカイラインの到着点は見晴らしのいい展望台 少し冷たい空気の中、気分は最高ですね。まもなく訪れる厳しく長い冬の前のつかの間の輝きです。

秋のお彼岸…お墓参りツアー

秋のお彼岸

お彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間を含めた7日間ですね。この時期は、亡くなられた方が友人を呼びにくるのか?新聞の死亡広告がとても多いのです。一緒に三途に川を渡ろうとするのかな?心安らかに過ごしていただけるように祈るばかりです。
通常ですとお天気の良い日に「お墓参りツアー」です。主人のご先祖様と母方のお墓・私の父母及び両祖父母の墓へお参りに出かけます。(今年は入院騒ぎで、中止になりました。ごめんなさい!)
「お墓参りツアー」の必需品は、お花とお線香と数珠です。帰りに地元の美味しいものを食べるのも楽しみですが…(おはぎも好きです)

新月と満月の夜
「月の明かり」は本能を呼び覚ます

新月と満月の夜

「月の明かり」は人を導く何かがあるのだろうか?新月と満月の夜は救急車が多かった。4人部屋のベットが、深夜の入院で塞がってしまった。
真夜中にイヤホンでテレビを見ていると、ベットから突然の笑い声。ある意味不気味でびっくり!ナースステーションの近くの病室が騒がしい。様態が急変か?機械音が響いていた。ベットの中で無事だといいが…と祈りながら眠りのついた。
「月の明かり」が人間の防衛本能を呼び覚ますのか?新月と満月の夜は出産も多いが、人の死も多いと聞いたことがある。喜びも悲しみも自然の摂理が支配するのかな?

秋の味覚といえば…栗きんとん
岐阜県中津川市の名産品 秋の風物詩

栗きんとん

お盆が過ぎて、少しずつ朝晩が涼しくなるころ(まだまだ熱帯夜で暑い!)岐阜県中津川市の名産品・季節限定の和菓子「栗きんとん」が食べたくなります。ドライブを兼ねて、馬篭宿・妻籠宿へ訪れます。帰りにわざわざ本店でありがたく購入します。
10個入りで2500円位かな?少し高い気もするけど、美味しさは格別です。上品な栗の香りが広がり、絶品です。一度機会があったら、ご賞味くださいね!

中秋の名月…今年は9月15日
地方の風習「お月見どろぼう」子供たちの楽しみ

お月見泥棒

中秋の名月には、秋の草花のススキ等を花瓶にさして、その横に定番の月見団子を三宝に入れてお供えをしますね。秋を感じつつ、美しい月を見上げる。なんとも趣のある時間です。ところが…
「お月見どろぼうで~す」との騒がしい声と共に、道路に何台も自転車が止まります。この日は、どの家も玄関付近にお菓子のお供えがあります。小学生以下の子供たちは、学校が終わると両手にスーパーの袋を持って、ご近所巡りです。暗くなるとたくさんの戦利品を持って帰宅します。しばらくはお菓子に困りません。残してあげたい風習ですね。

CDラジカセ➡昭和の名残り
まぁ~や 台所の必需品 料理のお友だち

CDラジカセ

台所に昭和の名残りのCDラジカセが置いてあります。窓をしっかり閉めて、昭和歌謡(特に80年代のアイドルや演歌)を歌いながら、少し手の込んだ料理を作ります。カラオケボックスへ行った気分で…
青春時代に大切にしていた少し伸びたカッセトテープの再生は、ラジカセしかできません。台所の必要アイテムです。
喧嘩した時や無性に腹が立った時には、気分転換に役立ちます。壊さないように大切に使わなければいけませんね。

サブコンテンツ

まぁ~やのひとりごと
【ドライブは助手席で…】

Dr.ストップで運転が出来ない私(一発免停の経験有:速度超過)は、助手席で「また抜かされた!」「早く追い越して!」と叫んでいます。ドライブは安全運転でゆっくりと走りましょうね。

このページの先頭へ